クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2007'10.26 (Fri)

フリンジブーツ~6.本体

本体作りにとりかかります~

Dsc08629

この辺はもう、前回の「牛革ブーツ」とほとんど変わりないのですが、

こちらのほうが少し革の厚みがあるぶん、ちょっとやりづらいかもしれません。

Dsc08631

中敷、革ののりしろ部分にボンドを塗ります。


【続き・・・】

Dsc08633

ボンドの表面が乾いたら、千枚通しで↑このようにくっつけていきます。

Dsc08635

かかとの部分は分厚くなっているので、グイッと力をいれて^^

Dsc08637

つま先部分の革を接着するときに重なる部分を薄く削ぎ落としておきます。

Dsc08638

ちょっと汚らしいのですが^^;
いちおうこんな感じでOKです。

Dsc08640

カットしておいたつま先部分の裏にボンドを塗ります。

Dsc08641

見えますか?ボンドを縁にだけ塗っています。
真ん中には塗りません。

Dsc08643

ココからは私のお得意(?)の“カン”で作っていくのですが・・・^^;

垂直に切込みが入った部分からだいたい5ミリくらい上に貼り付けます。

Dsc08645

発泡スチロールに革があたったところで、サイドを両側から押さえて貼り付けます。

Dsc08647

ウラはこんな感じになります。もしならなかったら適当に微調節します^^;

Dsc08648

ボンドをつけた箇所でも、いったんはがして整えます。(あとでまたボンド付けします)

Dsc08650

ピンセットのカーブを利用して、

Dsc08651

ブーツの形を整えます。

Dsc08652

ある程度整ったら、底にボンドを塗ります。

Dsc08653

ボンドの表面が乾いたら、かかとのときと同じように千枚通しでくっつけていきます。

Dsc08655

革の厚みがあるので、ちょいと大変です(-_-;)

Dsc08656

結構ボコボコ感が残ります。

Dsc08659

靴底との接着がしやすいように、ボコボコしたところをそぎ落としていきます。

Dsc08661

かかとのほうも同様に・・・

このとき、縫い糸も切ってしまうことになりますが、ボンドがしっかりとくっついているのでほつれることはありません。

Dsc08662

このようにボコボコ感がなくなれば、

Dsc08663

平らな靴底とぴったり張り合わせることが出来ます。(画像はまだ当てているだけです)

Dsc08666

ボンドをたっぷり塗って・・・

Dsc08667

靴底には薄めに塗って・・・

Dsc08668

ボンドが乾いたら貼りあわせます。

Dsc08669

本体の革のほうが少しはみ出るような感じで、バランスよく貼ります。

Dsc08671

本体のほうにたっぷりボンドを塗るので、貼りあわせたあとにボンドがはみ出ちゃうことがよくあります。

そんなときは、千枚通しなどのとがった金属でボンドをツンツンすると、後が残らずきれいに取れます。

こすったりすると汚くなるので、必ずツンツンとちょっとずつ取り除くようにしてください。

Dsc08674 

微調節した際に、はがれてしまっていたりきちんとくっついていない箇所は、

Dsc08675

再度ボンドでしっかりと貼り付けます。

Dsc08672

はい。

本体部分の完成です。

なんかちょっといつもより細身に仕上がった感じがします(^^ゞ 気のせいかな?



あとは楽しい飾りつけです(^^♪


アップは来週になると思いますが、どうぞ最後までお付き合いくださいませ~(*^_^*)



ランキングに参加してみました
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ドール服・ドール用品へ 人気ブログランキングへ

私はいつもハンズかここ↓で材料・道具を買ってます!

テーマ : Blythe*Love! - ジャンル : 趣味・実用

1/6フリンジブーツ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

 | HOME |