FC2ブログ
クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018'06.07 (Thu)

持ち運びに便利なデッキチェアの手作りキットを作りました


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

インスタグラム passa_passatempo

 
 * * *

今日はエコカンカン帽キット以来、約1年振りの新作キットのご紹介です。

すでにインスタグラムでは沢山載せてきたのでご存知の方が多いかと思いますが、改めて仕様など詳しく説明させていただきますね!

画像多く長い記事になっておりますが、
最後までご覧いただければ幸いです。

こちらは持ち運びに便利な折り畳み式椅子、デッキチェアです。
DSCN0400.jpg


折り畳み式の椅子といってもいろいろとありますが、

大きな頭のブライスをサッと楽に座らせるのに便利なのは
やっぱり背もたれが広いデッキチェアかな?と思いブライスサイズのデッキチェアを作ってみました。

自立棒を作って以来、外撮りすることが増えてきて
※といっても失敗も含めてまだ6回しかしてませんが(^^;

その時に少しだけ不便を感じることがあったんです。

ドールが1体の時は特に感じなかったのですが、

2体のドールをもって外に出かけた時、1人を自立させている間、待機中のドールの置き場に困ったことがあったんです。

自立棒で常に立たせておくことができれば問題ないのですが、
いつでもすんなり立つというわけではないので・・・(^^;

そんな時に、パッと広げられてサッと置いても安定感のある椅子があったら便利だな~
と思ったのがデッキチェア制作の始まりです。
DSCN0391.jpg


椅子があれば、朝露で少し湿った芝生の上でも置いておけるし、
もちろん椅子に座った状態の写真も撮れて一石二鳥かな?なんて思いながらウキウキ制作していました(^^ゞ

普通の椅子は持ち運びの際にかさばるので、「折り畳み式」という絶対に譲れない部分でした。


 * * *


今回は2人掛けと1人掛けの2種類を制作しました。
DSC07777_20180607154449b70.jpg

お遊びで5人掛けを作ったりもしましたが、
こちらは強度に問題があるのと、持ち運ぶには大きすぎるということで即却下となりました(^^ゞ
DSC06721_20180607165348929.jpg
インスタに5人掛けの動画があるのでよろしければご覧ください(*^^*)


折り畳んだ状態だと厚みは2cmほどになり、大変コンパクトです。
DSC07896.jpg

折り畳み時のサイズは以下の通りです。
デッキチェアキットサイズ
※画像クリックで拡大します。


作った後で気付いたのですが、このように持つことができるのも便利です。
DSCN0208.jpg

背もたれは3段階調節ができます。
DSC07893_20180607155716d7a.jpg


2人掛けはまさしくブライスが2人座れるサイズ。
DSCN0406.jpg

背もたれが高いので、1人で座らせてもコロンと倒れることなくしっかり座ってくれます。
DSC07811.jpg

枕を首の凹んだ箇所にフィットさせるとさらに安定します。
DSC07815.jpg


ミディさんの場合はゆったりと2人で座れます。
DSC07821.jpg

リカちゃんやmomokoさんは3人までいけそうですが
DSC07830.jpg

ちょっと窮屈な感じがしますので、2人がよさそうです。
DSC07835.jpg


1人掛けだとこんな感じになります。
DSC07845.jpg

ミディさんはやっぱりゆったり。
膝が曲がらないので、横向きにして足を全部乗っけちゃってます。
DSC07854.jpg

リカちゃんmomokoさんはギリギリ2人いけそうだけど、
ゆったり1人のほうがいいかも。
DSC07860.jpg

モンチッチなどのぬいぐるみ置きにも使っていただけそうです。
DSC07868.jpg

そうそう!、1人掛け用ではスマホ置き、2人掛け用ではタブレット置きとしても使えそうです(^^ゞ
DSC07874.jpg

私は寝室で本当にスマホ置きに使っています(^^)

※サイズや形状によっては置けない場合がります。

 
 * * *


今回作ったものは、デッキチェアの種類の中でも一番簡単な作りのものなのですが、
それでもネジの位置や固定する角度、椅子の幅や強度など
頭の大きな特殊な体型のドールが座るゆえに、何度も試作を繰り返しました。

なので「完璧です!!」といいたいところなのですが・・・

実は、完璧ではない部分があります。


どこがダメかというと・・・

生地で作る部分にミシンを使っていません。
DSC07877.jpg

古くから私とお付き合いのある方は、「やっぱりね」と思っていることでしょう(^^;

シート、枕、ポケット、すべて布用の強力両面テープを使っています。

シートについては特に問題ないのですが、
枕とポケット部分は若干頼りなさを感じます。

ポケットの真ん中にブラッズを付けることでだいぶ頼りなさは軽減されましたが、
ミシンが得意な方はミシンで作られたほうが高級感が出るのではないかと思います。
DSC07876.jpg
※ミシンでの制作動画はありませんm(__)m。


あともう一つ。
これもシート部分なのですが、取り外しができりるように面ファスナー(マジックテープ)を使っています。

一番強力と思われるクラレの粘着式エコマジックを使っていますが、
布用というわけではないため、外すときには写真のようにはがれないようそっと手を添えて外す必要があります。
DSC07878.jpg

こんな感じで難点もありますが、私のようにミシンが苦手で工作が好きだという方には
とっても楽しめる手作りキットになっていると思います。


面ファスナーを使っているので、簡単に別のシートに変えることができます。
DSC07885_20180607160841fa1.jpg

キットには1種類のシートしかついていませんが、別売りのシートやお手持ちの好みの生地で作ることもできます。
DSCN0412.jpg
※お持ちの生地で作る際には、面ファスナー・綿・ブラッズは自身でご用意していただく必要があります。


 * * *


今回は、持ち運びが手軽ということで作ったので、
外撮りの際に汚れてもすぐに拭き取れるよう、ウレタンニスで着色しています。

色はクリアとエボニーの2色をご用意しました。
DSC07887.jpg

塗料は食品衛生法にも適合している安全なもを使用しますので、お子さまのいるご家庭でも安心かと思われます。
※多少の水濡れにも大丈夫なことを確認しています。


外撮りされる方はもちろんですが、お家でも十分使っていただけますので
ぜひぜひ作っててみてくださいね!


次はキット内容を詳しく説明します。

DSC07484_2018060716262024b.jpg





デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |