クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'03.27 (Mon)

リボン刺繍ワンピキット(手縫い)~完成までの手順など


今回も長文です。

そして、画像も大量です。

m(__)m

 * * *

この時ふっと思い立って作り出したワンピ。
(あ、ちょうど2か月前だ*^^*)

まさか、15年も前に作ったワンピを
また作ることになるなんて・・・

なんて進歩がないのでしょうか(^^;


いやいや、そんなことはないのです!!

袖の形やステッチやペチコートなど・・・
細かいところでちょこちょこ進化しております(^^ゞ
DSC09878.jpg


一番の進化は、やはりリボン刺繍。

次回キットのメインイベントです(^^)/

15年前はこのようなアップリケを使って
簡単に仕上げておりましたが、
DSC00761.jpg

やはり自分で刺繍を施すことで愛着倍増します(*^^*)


私は手芸が大好きで、もちろん刺繍もするのですが、

刺繍が1番好きか?といったらそういうわけでもなく・・


5年前に始めたクチュリエの刺繍レッスンも、

2回目の途中で飽きてるし・・(^^;

サテンステッチなんかはいまだに苦手です(-_-;)


そんな私が、まさかこんなに刺繍にハマるなんて!!


サンプルとはいえ、こんなに作っちゃいました(^^)/
DSC00780.jpg

幅のあるリボンでの刺繍は、短時間で形になるから
それが私の性格にピタッとハマったのかもしれません。


メインの刺繍作業に早く到達するため、
土台となるワンピの作業は極力シンプルにしました(^^ゞ


ではでは、前置きが長くなりましたが
早速リボン刺繍ワンピの手順をご紹介します。


一番小さく大変だと思われるミディサイズで
解説していきます。

キット内容はこんな感じになると思いますが、
後日しっかり説明しますね。
DSC00588.jpg

※写真は「基本の赤いお花」キットです。


 * * *


まずはピケ処理♪
DSC00625.jpg

いままではカットしてからピケ処理をしていましたが、
今回からは先にピケ処理をします。
DSC00631.jpg

裾をほぐすペチコートはこんな感じで。
DSC00637_201703271953190d9.jpg

この時に「アイロン&ピケ処理台」を使うと便利♪
DSC00515_20170327201717af8.jpg
※市販のコルクシートで代用可。


アイロンをかけてそれぞれこのようにカットします。
DSC00645.jpg

左上の余った生地は捨てないでくださいね!

リボン刺繍の練習用図案がありますので(^^)


ここからはパジャマキットの手順とあまり変わりません。

身頃と身返しを中表にしてステッチ。
DSC00649.jpg
※こちらではわかりやすく赤糸で縫っていますが、
 実際は生地と近い色の糸で縫います。


カットして切込みを入れ・・・
DSC00652.jpg

ひっくり返してステッチします。
DSC00656.jpg

※パジャマキットでは往復してミシンで縫ったように
 ステッチをしましたが、今回は片道のみです。


袖は2本どりで細かーくぐし縫い。
DSC00660.jpg

袖が通る空間を残し、グッと絞ります。
DSC00662.jpg

ゴム通しはしないのでとっても簡単です。


中表で縫う脇は往復縫い。
DSC00667.jpg

マスステッチをしやすいようアイロンをかけ、
DSC00675.jpg

裾に片道ステッチ(なみ縫い)を施します。
DSC00676.jpg


ここから刺繍作業に入るので、まだ後ろは開いたままです。
DSC00678.jpg


ではでは、マスステッチ~♪

3本取りでタテからヨコへ・・・
DSC00689.jpg

ステッチの幅は目分量。
DSC00693.jpg

均等にならなくても気にしないのがコツです(^^)/

あえて幅にバラつきを持たせても可愛いかも♪

後に蝶々になるアリんこの刺繍も3本どりです。
DSC00696.jpg


さあ!いよいよメインのリボン刺繍です!!

先ほどとっておいたこちらの図案で練習しましょう。
DSC00643.jpg

※制作動画では練習も撮影しますが、ここでは省略。


早速本番。

葉っぱから♪
DSC00703.jpg

基本のレゼーデイジーステッチ。

裏はこんな感じになります。玉留めはしません。
DSC00704.jpg


お次はお花~
DSC00709.jpg

葉っぱと同じステッチです。

幅広リボンでの刺繍は本当にあっという間!

真ん中の芯をステッチしてお花は完成です。
DSC00712.jpg


裏は恐ろしいことになっていますが、
DSC00713.jpg

ドールへの着せ替えでほつれることの無いよう
互いのリボンにくぐらせて留めています。


蝶々はグラデーションのリボンで♪
DSC00717.jpg

私的にはお花よりもこちらのほうが難しいのです(^^;


これで完成~・・・と言いたいところなのですが、

後ろ綴じの作業をしなくてはいけません(^-^;
DSC00719.jpg

縫い代を倒します。
DSC00720.jpg

こういう時のアイロンがけには、先日ご紹介した
こちらのドールサイズのまんじゅうが便利です。
DSC00563_20170327200324e43.jpg

※クルクル巻いた厚手のフェルトなどでも代用可。


そういえば・・、以前momokoのマスク作りでご紹介した
「パッチワークコテ」も、細かなアイロンがけの際に
とても便利ではありますが、

2つもアイロンを出すのが面倒なので
今はほとんど使っていません(^-^;

すみません、ちょっと脱線しました。


身返しまでステッチされていた後ろ開き部分を
このようにつなげてステッチし・・
DSC00727.jpg

スナップボタンを取り付けて、
DSC00730.jpg

ワンピ本体はひとまず完成です。


残るはペチコート。
DSC00732.jpg

あと一息です。
とても簡単な作りなので、がんばりましょう!


ラインに沿ってアイロンで癖付けし、
DSC00736.jpg

中表で綴じます。
DSC00738.jpg

ここでもまんじゅうが便利です♪
DSC00739_201703272006534cc.jpg


ウエストゴムを挟みながらステッチします。
DSC00743.jpg

ドールの一番太い部分でゴムを絞り・・
DSC00746.jpg

少しブカブカ目にして結びます。
DSC00747.jpg

ペチコートの裾を爪でボサボサにして、完成!
DSC00751.jpg

長いようで意外とあっという間でした(^^)/


実際には、生地と同色でステッチした
トルソーに飾ったワンピが本当の完成形です。
DSC00752.jpg

ミディさんが着ているほうは水通ししていません、

トルソーのほうは水通ししているので、
少し縮んで引き締まっています。

水通しはしてもしなくてもOK♪お好みで(^^)

ちなみに私は水通しをしたほうが好みです。

制作動画では、水通しの作業も撮りますが、

濡れたままドールに着せて乾かすので、
抵抗のある方は行わないでくださいね。

※いまのところ、色写りの被害はありません。

 * * *

今回作ったリボン刺繍ワンピ。

サイズはパジャマキットと同様で、

・ネオ・ミディ・ベチの3サイズ作りました。
DSC00765_201703272009495a5.jpg

しかし、ほかのドールにも着せられるので、

そちらは後日ご紹介しますね。

DSC00773.jpg
あら?!一番右のミディサイズワンピ。
蝶々の羽の刺繍をし忘れてる(・・;) アリのまんまだぁ(^^;

あとで刺繍しておきますm(^^;)m


今回も長々とすみません。

読んでくださり本当にありがとうございます!


 * * *


3月を予定していたSHOPでの販売受付は

4月になってしまいそうです。

いつも予定通りにならずごめんなさい。


まだshopページは全くいじっていません。

4月初旬を目安にがんばりますので

なにとぞよろしくお願いします。


リボン刺繍ワンピキット  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |