クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'11.12 (Sat)

着物キットについて、ちょっとご注意点を・・・ ※追記あり


※追記があります

着物キットについて、ご注意点をお知らせしますね!

昨日の記事と重複する箇所がありますが、
お読みいただけますようお願いします。

DSC06962_2016111203373753b.jpg

今回も全て手縫いで制作します。

ミシンでも製作可能ですが、衿のまつり縫いや帯など
ミシンでは縫えない箇所がございます。
※制作動画は手縫いのみです。


ドールサイズという小さな着物なので、
本来の着物の縫い方とは全く異なる箇所があります。


例えば・・・


着物は表側に縫い目が見えないように縫うため、
縫い代を割らずに片側に倒しキセをかけます。
DSC07019.jpg

しかし小さい着物の場合、縫い代を片側に倒すと
厚みがでてしまうため、裏地付けなどが難しくなります。

なので、なるべく細かくステッチをして縫い代を割り
アイロンのかけ方を工夫して、
なるべく縫い目が目立たないようにします。
DSC07020.jpg

文字や画像での説明だと分かりずらいですね(・・;)
動画でしっかりと説明させていただきます。
難しい作業ではありませんので安心してくださいね!


半衿はバイヤステープを使った簡単仕上げです。
DSC07025.jpg

中にワイヤーのラッピングタイを仕込み、衿崩れを防ぎます。

※追記 半衿に「えもんぬきもどき」を付けるよう変更しました。
http://passatempo.blog68.fc2.com/blog-date-20161114.html

一緒に仕込んだ長い綾テープをドールの胴に巻きつけ、
くびれをなくし、着付けしやすくします。
DSC07029.jpg


帯も簡単仕様です。

厚手の接着芯と蜘蛛の巣テープを使うので
縫う箇所はとても少ないです。

マジックテープもアイロンタイプを使用します。
DSC07037.jpg

アイロンタイプは今回初めて使ったのですが、
あまりにもしっかりと貼り付くのでびっくりしました。

マジックテープを手縫いで縫い付けるのは
けっこう大変な作業なので、だいぶ楽になります(^^)


結び方は“一文字結び風”
DSC07031.jpg

「羽根」と呼ばれるこの部分は直接帯に縫い付けず、
DSC07059.jpg

帯締めをしてから・・
DSC07047.jpg

装着します。
DSC07053.jpg

帯を巻きつける際、羽根がない状態のほうが
装着しやすいのでこのようにしてみました。


ドールサイズの場合、
帯に帯締めや帯揚げが縫われているものがあります。

こちらのリカちゃんの帯がそのように作られています。
DSC07055.jpg

装着が簡単なので、とても便利です。

しかし・・
私が作ったキットの場合、帯締めで帯をしっかり締めたほうが
着崩れしにくいと感じたので、別々にしました。


一手間かかりますが、帯締めが別になっていると
違う色の帯締めを楽しめるという利点もありますので、
ぜひぜひ試してみてくださいね!


お持ちの生地やリボンなどで帯揚げを結んでも
可愛くなると思います♪

ちなみにこちらは、小さなちりめん生地を
帯に突っ込んだだけです(^^ゞ
DSC07058.jpg
※時間がなくやっつけな写真ですみません!

無地のシンプルなお着物なので、
小物使いを楽しんでいただければ嬉しいです(*^^*)


反物から作る着物キット  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |