クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'05.27 (Fri)

ミディブライスとおでかけバッグの詳細です

 
こちらのバッグ・・・
DSC03834.jpg
一見普通のミニバッグに見えますが、


ミディブライスが入るサイズになっています。
DSC03839.jpg


チクチクしない柔らかいジュートを使っているので、
内布は付けていません。
DSC03841.jpg
※バッグにドールを直に入れることに抵抗のある方にはおすすめしません。


バッグの中でドールが大きく動いてしまわないように、
あえてぴったりサイズで作りました。


そのため、髪の毛をこのようにまとめていたりすると、
DSC03842.jpg

真っ直ぐな姿勢でバッグに入れることはできません。


腰を少し曲げることにより・・
DSC03843.jpg


なんとか入れることができます。
DSC03844.jpg

※ツインテールや帽子をかぶったままのドールは入りません。


同じくらいのサイズのドールなら使っていただくことが出来ますが、
DSC03846.jpg


小さいドールの場合は、バッグの中で動いてしまうので
DSC03849.jpg


2人入れたり、タオルハンカチなどで隙間を埋めてみてください。
DSC03850.jpg


チャームのプチバッグには・・
DSC03851.jpg


スタンドをつけたままのフォーチュンさんを
入れることができます。
DSC03852.jpg


付属のボールチェーンで取り付ければ、バッグを揺らしても
フォーチュンさんが落っこちにくいです。
DSC03854.jpg


残念ながら、ミディブライスよりも背の高いドールは
入れることができません。


リカちゃんくらいのサイズだと、
DSC03858.jpg


軽く腰を曲げることにより、なんとか入れることができました。
DSC03859.jpg


基本的にはミディブライス用に作ったので、
それ以外のドールでご使用の場合は、ご自身でいろいろと
試してみていただければと思っています。
DSC03862.jpg



余談ですが・・・
私のように少々ドールを雑に扱うことが気にならない方であれば、
ちょっと荒技となりますが、タオルハンカチを間にかませて保護し、
DSC03865.jpg


互い違いにもう一人ミディブライスを入れることができます^^;
DSC03867.jpg


バッグからはみ出ることもありません。
DSC03870.jpg


でもやっぱり・・

下になったドールが可哀想ですね。
DSC03872.jpg

なので、あまりおすすめしません!ごめんなさいm(^^;)m


底板には、カーペットなどに使われている耐久性のあるマットを使用。
DSC03873_20160526233303f65.jpg


外側にはピッグスエードを貼りました。
DSC03874.jpg

これにより、重たいものを入れて持ち上げても、
底が出っ張らずに平らな状態を保つことができます。


こんなかんじで穴が開いているので、編み始めが楽ちんです。
DSC03875.jpg

あとは目数の増減なしで、側面を編んでいくだけです。


麻ひもで編むカゴバッグの場合、
本体で使用した麻ひもをそのまま使って持ち手を編むというのが
コストもあまりかからず済むのでいいのですが、

私はいつも、この持ちて部分を編むのが億劫で
ついつい市販の持ち手を使ってしまいます。

ただ、場合によってはそのほうが安定感が出て
持ちやすいバッグができることもあります。


今回作ったこのバッグについても、市販の持ち手を使うことで
安定感が出て持ちやすくなったのではないかと思います。


持ち手にも穴を開けているので、
DSC03881.jpg


ステッチ作業もスムーズです。
DSC03876.jpg


プチバッグの持ち手を付ける作業はさらに楽ちんで、
私の愛用するブラッズ(割りピン)で取り付けるだけです。
DSC03883.jpg


では!重たいものを入れて持ち上げてみたいと思います。
DSC03887.jpg

レシートを溜め込みがちの私のお財布は結構重たいです。
携帯は二台持ち。ウェットティシューとタオルハンカチは欠かせません。
夏でも唇カサカサなので、バッグチャームにはリップを入れたいと思います。


全部で約770g。
DSC03895.jpg


バッグの重さ(約120g)を引いても650gあります。
DSC03905.jpg


ミディブライス(約130g)と比べるとズシッとくる重さです。
DSC03894.jpg


このくらいの重さのものを入れた場合、底板がないと
中心に重たいものが集まってしまいバッグが歪む原因になります。

ドールは軽いので底板がなくても大丈夫ですが、
普段使いの時には、安定感があり使いやすいと思います。


持ち上げてみました。
DSC03898.jpg


底板のおかげで、さほど歪むことなく持っていただけると思います。
DSC03901.jpg


とはいえ、限界はありますが・・^^;


ドールとおでかけ以外の時にも、こんな感じで
使っていただければウレシイです(*^^*)



ここまで長い文章を読んでいただいて誠にありがとうございます。

かなり自己満足な内容になってしまいましたが、

迷わずに、そして最後まで楽しく作ってもらえたら・・・
という思いで、色々と工夫をこらしてみたので、

どうしてもお伝えしたかったのです(^^ゞ


ネオサイズはちょっと大きくて作れなかったのですが、
まずは、短時間で作ることができるミディサイズに
ぜひぜひ挑戦してみてくださいね!

DSC03910.jpg


passa

ドールとおでかけバッグ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |