クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'08.31 (Thu)

自立棒での撮影のため、4年ぶりに背景布を購入しました(^^)


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

 * * *

本日予約投稿です。


自立棒を作るにあたって、

いろいろなシーンで撮影したいな~とおもい、

4年前に購入した背景布を引っ張り出してきました。


ところが・・・

シワ取りで貼り付けた両面テープが劣化していて
その部分だけ黄ばんでしまっており、

そのままゴミ箱へ・・・(T_T)


そんなわけで、新しい背景布を購入。
DSC06219.jpg
※ヘデラは本物です。


4年前よりも半分くらいの価格になっていて
ちょっと嬉しくなっちゃいました(^^)


早速ミディさんを撮影♪
DSC06231.jpg

もう少し壁の近くに立たせたかったのですが、

自立棒がつっかえてしまうので少々手前で撮影。
DSC06230.jpg


ある程度長さがあったほうが、
バランスをとるのが簡単なのですが、

次はもう少し短めのものも作って、撮影の幅を
広げたいと思います(^^)/
DSC06193.jpg


本当はラジオのアンテナや指し棒のように、
長さの調節ができるというのが一番良いと思うのですが、

それについては手間もコストもかかってしまうので
制作はあきらめています(^_^;)


おまけ・・・

絵画をじっと見つめるミディさん。
DSC06205.jpg

後姿の撮影がマイブームです(#^.^#)


自立棒の研究  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.30 (Wed)

籐でつくる小物とバッグ3号(かんたんプロジェクト)~脚付きのパン皿〈前半〉


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

 * * *

本日予約投稿です。

先日のミニチュア版では、計算違いで
「脚無し」になってしまいましたが、

本番の籐では、しっかりレシピを読んで
がんばろうと思います!!


3号にはハサミが付いてきました。
DSC06141.jpg

当たりはずれがあるのだと思いますが、

私の買ったものに付いていたハサミは
切れ味があまりよくありませんでした(>_<)

でも、ハサミは用途別にたくさん持っているので
全く問題ありません(^^ゞ


ここまでは、創刊号で作ったお皿とほとんど同じ編み方なので、
レシピもチラッと見る程度で進められました(^^)
DSC06145.jpg

段数も、直径も、レシピと同じようになるように
何度か編み直しをしています。


なんと3号はここまで!・・だそうです。
DSC06190.jpg

ちょっと物足りない(^^ゞ


でも・・すでに4号は手元にあるので、
引き続き後半をがんばろうと思いまーす!


このくらいのゆっくりペースが、
今の私にはちょうどいいのであります(^^)/



籐でつくる小物とバッグ(かんたんプロジェクト)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.29 (Tue)

ドールサイズで作る~「脚無しのパン皿」(^_^;)


デアゴスティーニ。

今日は8号の発売日ですが、

私は先日、やっと2号を作り終えました(^^ゞ


お次は3号!
DSC06188.jpg


創刊号と2号のかんたんプロジェクトは、
一回完結で籐小物が作れていたのですが、

3号からは複数号で一つの小物を完成させるようです。
DSC06189.jpg


今回も本番の籐で作る前に、ミニチュアにチャレンジです!


前回まで使用していたお花用ワイヤーではなく、

エコクラフトで作ってみることにしました。


1本こよりにしてしまうとハリがなくなるので、
井桁を組むのがとても大変でした(^^;)
DSC06019.jpg

その代わり、編み作業はラクラク♪
DSC06020.jpg

あっという間にここまできました。
DSC06027.jpg

なんだかエコカンカン帽を作っているみたい(^^ゞ


うろこ止めをして無事お皿になりました。
DSC06028.jpg


さて!脚を編もう!!と思ったところ・・・

脚が全然足りないよーー(>_<)という最悪な事態に・・
DSC06032.jpg


本来はこのくらいの長さが残っていなければならないのですが、
DSC06033.jpg

最初の井桁を組んだ時の紐の長さが短すぎたようです。

やはり、エコクラフトはこより1本が1mmくらいあるので
それなりの長さが必要だったみたいです。


どう頑張っても作れそうにないので、断念(-"-)


「脚無しのパン皿」の完成でーす(^^;)/
DSC06034.jpg


本番はしっかり「脚付き」に挑戦したいと思います!!



籐でつくる小物とバッグ(ミニチュアんサイズ)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.28 (Mon)

ネオブライスさん、超簡易型自立棒にて撮影(^^)


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

 * * *

安定感抜群な自立棒を作るのって難しいですね。

サッとバランスが取れて、ストレスなく撮影できる・・・

っていうのを目指していましたが、

私の今の技術では無理そうです。


といいますか・・・色々と考えは思いつくのですが、
時間も制作費もたくさんかかってしまいそうなので

あきらめました。


とはいっても、色々試してみた中で

簡単な作りの割には使えるじゃん!!

という発見もあり、専らそちらを使用しています(^^)


そんなわけで、超簡易型自立棒にて撮影してみました。
DSC06092.jpg

スカート&ロングヘアの場合はとりやすいですね!

こちらは2脚の自立棒を使っているので安定感抜群。

さっと自立してくれます。


後ろ側はこんな感じ。
DSC06076_20170828105515822.jpg


2脚を広げると片足立ちしても安定します。
DSC06101.jpg

後姿の撮影も可能です(^^)
DSC06111.jpg

ただし、どちらも撮影できる角度は限られます。


髪形をアップにしていたりショートヘアだったりすると
2脚自立棒ではこんなことになってしまうので、
DSC06138.jpg

その際には1脚自立棒を使っています。
DSC06134a.jpg

少々不安定ですが、少しドールの足を開かせると
ちゃんと立ってくれます。

あ、ちょっとだけ棒が見えちゃってましたね(^-^;
DSC06134.jpg
まあ、このくらいなら画像処理で消せちゃいますね。
「気にしない」という手もあります(^^ゞ


このくらい大きく足を広げると、
3脚効果でかなり安定します。
DSC06131.jpg

後ろ側はこんな感じ。
DSC06136.jpg
地面に触れるほうには滑り止めのキャップが付いています。

使ったワイヤーはどちらもハートスタンドで使っている
アルミワイヤーなので、クネクネ柔らかいのですが、

その柔軟性が意外と便利だったりします。

自立棒自体の見た目もあまりよくないのですが、

どうせ隠して撮影するんだがら
見た目が悪くても別にいいじゃん!!

・・・という結論に至りました(^^;)


もうちょっと手直しが必要なので、
どんなふうに取り付けているかは未だ内緒ですが、

拍子抜けするほど簡単仕様なのであります(^^ゞ

もちろん、ミディさん用も制作中です。


自立棒の研究  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.26 (Sat)

籐でつくる小物とバッグ2号~波あじろのカゴバッグ(底のたて芯を組む)


本日も予約投稿です。


デアゴスティーニ、「籐でつくる小物とバッグ」。

腕が痛くなって少々日にちが開いてしまいましたが、

放置せず、じっくりプロジェクトを進めました。


2号での作業は・・・「底のたて芯を組む」です。

前回カット&印付けをしたこちら。
DSC05959.jpg

短いほうの籐を割いて、そこに長い籐を差し込みます。
DSC05961_20170826103930fa0.jpg


これがまためちゃめちゃ力を使います。

1本目は素手でいけましたが、
DSC05962.jpg

2本目3本目からは手が痛くなり、

ハートスタンドのワイヤー曲げの際に使っている
100円ショップで買ったこちらの手袋を着用。
DSC05964.jpg
※手首に切込みが入っているのは、着脱を素早くするためです(^^)

途中で休憩を入れながら、
やっとこさすべてさし終えました(*_*)
DSC05965_20170826103927038.jpg

付録のゲージ盤を使って均等に並べます。
DSC05966.jpg

ゲージ盤の目盛りは1センチなので、
普段カッティングマットを敷いて作業をしている私には
特に必要のないものでした(^^ゞ

でも、ゲージ盤には斜めにもラインが入っているので
これでないと作れないものがあるのだろうと想像しています、


それにしても手が痛すぎます(*_*)

でも、次回からは楽しい編み作業♪
DSC05967_20170826103940593.jpg

引き続きがんばりまーーす(^^)/


籐でつくる小物とバッグ(じっくりプロジェクト)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.25 (Fri)

籐小物の使い方(^^)


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

 * * *

※本日予約投稿です。


田舎から大好物の果物が届いたので、

作りたてのこちらに置いてみました(^^)
DSC05975_20170824224649fe6.jpg


いとこにこの写真を送ったら、

「使い方間違っている」と笑われてしまいました^^;


可愛いと思うんだけどな~

DSC05971.jpg


籐でつくる小物とバッグ  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.24 (Thu)

今日からハンズメッセだった・・・(^_^;)


封書でもメールでも、お知らせがきていたのに、

すっかり忘れておりました。

ハンズメッセ。

しかも今日は初日。


知らずに行ってしまいました。


もちろん大混雑。


私が普段ハンズで購入しているものは、ハンズメッセで
安くなっているということがないので、

あまりお得感がないんですよね~(^^ゞ

なので、この期間はなるべくハンズに行かないように
していたのに、つい忘れて行ってしまいました(^^ゞ


ちょうど5年前にも知らずに行ってしまい、
真っ赤な紙袋にさんざん文句を言っていましたが(^^;

それについては今回は何とも思わなかったです(^^ゞ

DSC06018_20170824224646a45.jpg





2017年  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.22 (Tue)

籐でつくる小物とバッグ2号(かんたんプロジェクト)~花びら止めのボウル


前回の創刊号から、なるべく間をあけないようにと思い、

早速2号に取り掛かりました(^^)/

かんたんプロジェクトの「花びら止めのボウル」
DSC05867.jpg

2号は付録付きで内容盛りだくさん!
DSC05928.jpg

「目盛付きのゲージ板」と「目打ち」が入っていました。


目打ちなんて10本以上持っていますが、(もっとあるかも^^;)
先の形が微妙に違うので、こちらを使います。


籐は水に浸して編みやすくします。
DSC05929.jpg

このときレシピでは、結束バンドを外してから浸していますが、

用意した洗面器が小さかったようで、バンドを外すと
籐がクルクルっと広がってしまうので、
このまま浸けています。(今のところ特に問題ないです)


水気を取って編み始めるも・・・

浸す時間が足りなかったのか、ポキッ・・・
DSC05932_20170822053054429.jpg

初めて折ってしまいました(>_<)


しかし、前回の作業の際に、籐の継ぎ足しは楽ちんだと
分かっていたので、あわてずきちんと修正できました(^^)


今回の編み方「渦巻き編み」は初挑戦。

ちょっと難しくって綺麗な円になってくれません。
DSC05936_20170822053055097.jpg

タテ芯も綺麗な放射状になってくれないし・・・


それでも何とかごまかしながら、底部分完成(^^)/
DSC05937.jpg


側面を編む際に、タテ芯を立ち上げるのですが、
DSC05939.jpg

ここも難しかった・・・(^^;

しっかり乾かしたのに、全然立ち上がってくれません。

サポート動画ではとってもきれいに立ち上がっているのにな・・・

おそらく何かコツがあるのでしょう。


立ち上げるのはあきらめて、編みながら形を作ることにしました。

2、3週くらい編んだら、それなりになってくれました(*^^*)
DSC05941.jpg

もうここからはサクサクです♪

「縄編み」で引き締めて始末します。
DSC05942.jpg


タテ芯を増やし、最後の作業の「花びら止め」。
DSC05944.jpg

実は、ここが一番難しかったーーー

難しいというか、力が必要で手がおかしくなってしまいました。

3つ花びらを作ったところでやめてしまおうかと思うくらい、
私にとってはキツイ作業でした(・_・;)
DSC05945.jpg


それでも何とかやり直したりして無事完成。(無事ではないか?)
DSC05946.jpg

本来はこんな感じで2本の籐をずらして重なった花びらのように
止めるのですが・・そんな余裕はありませんでした。
DSC05867.jpg

ほんのちょっとの簡単な作業に見えるのですが、
これが本当に力を使うのです。

もう手が限界。

ビーズでアレンジするなんてことは、すっかり忘れていました。
DSC05949.jpg

こんなことなら、こちらのアレンジバージョンの「花かご」を
作ればよかったと、いまさら後悔しております(-_-;)
DSC05947.jpg


でも、先日ミニチュアで「花びら止め」を作ってしまったし、

実際のものとミニチュアは同じにしたかったので

がんばっちゃいました!!


大きさが違い過ぎる・・・(^^ゞ
DSC05952.jpg


制作時間は3~4時間とレシピには書いてありましたが、

おそらく私は4時間以上かかったと思います。


こんなに時間がかかって大変なのに、
どうして100円ショップにかごが売ってるの?!

な~んて、ブツブツ呟いてしまいました(^^ゞ


でもね、作業自体はとっても楽しいの♪

まだ2号しか作っていないのに、知らないことがいっぱいで

色々な発見がありました(*^^*)


3号も楽しみです!


以前よりもやる気は倍増しております(^^)/
DSC05956.jpg




籐でつくる小物とバッグ(かんたんプロジェクト)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.20 (Sun)

ストレスのたまるステレオのプラモデル。


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

 * * *


先日ウキウキで購入したこちらのプラモデル。
DSC05879.jpg


完成したらここに置いて撮影しよう♪と
DSC05880.jpg

ウキウキで作り始めました。


最初はカセットデッキから。
DSC05889.jpg


説明書によると、デッキに麦球を仕込めるということなので、

たしか昔使ったよな~と、探してみたところ

結構買い込んでいました(^^;)
DSC05891.jpg

こんな作りかけも混ざっていました。
DSC05893.jpg

以前ご紹介したプチブライスのリトルロッジ展の時に
買ったものだと思うので、ちょうど10年前のものです。

ちゃんと点くのかな(^^ゞ


まあ、その確認は後にして・・←普通は先にするべきですね


早速パーツのカットから。
DSC05905_2017082022555002e.jpg

ここで、説明書の番号と実際の番号が異なるという、
厄介な事態に遭遇・・・

ここにある「48」
DSC05916.jpg

こちらにもあるし・・・、
DSC05917.jpg

ここの「19」は
DSC05918_20170820225756c38.jpg

本当はこちらのスピーカーだし・・・、
DSC05919_20170820225757990.jpg


これって結構、いや・・かなりストレスでした(^^;)

この先もきっと、間違いがあるんだろうな~~

って、ついつい思ってしまいます。

昔作ったときもこんな感じだったっけかな~?
もう忘れてしまいました(^^;)


そして組み立て。

麦球を仕込もうと思ったところ、
金具パーツが樹脂パーツに全然ハマってくれない!!
DSC05906.jpg

まじか!

折角麦球を用意したのに、付けられないじゃん!


既にストレスを抱えていたので、
樹脂を削ったりして修正するという気力はありませんでした(-_-;)


他にも、こちらに貼り付けるシールが
貼るところよりも大きくてカットが必要だったり・・・
DSC05920.jpg

普段ならなんてことないことなのですが、
ちょっと辛くなってきて、

今日のところはカセットデッキのみで終了です(-"-)
DSC05910.jpg


まだまだアンプ、チューナーと続きますが、

たぶん作るのは少し先になりそう。

でも、放置はしないようがんばります(*^^*)


はぁ~、ちょっと疲れた(^^;


一応おいてみた(^^)
DSC05912.jpg



ドール日記  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.17 (Thu)

恒例となりつつある?!・・ドールサイズで作る「籐で作る小物とバッグ」(^^ゞ


今日もどんよりお天気。

雨の日が苦手ではない私は、普段より活動的に過ごしています(^^ゞ

でもやっぱり、8月だし・・もう少し太陽を浴びたいです(^^)

 * * *


やっとこさ、創刊号のかんたんプロジェクトを完成させ

お次は2号のこちらを作ろうと思っているのですが、
DSC05867.jpg


今回も先に、お花用ワイヤーを使って
ドールサイズを作ってみました♪


使ったのはブラウンの30番手。
DSC05798.jpg


編み始めはこんなに小さいです(*^^*)
DSC05800.jpg


小さいからこそどんどん進められます。
DSC05803.jpg


本番で使用する「籐」は失敗できないから、

先にこうして作業工程を把握しておくと

大きな失敗はしないのではないかと思っています。


だって・・タテ芯の長さを間違えてカットしたりしてしまったら

もうそこで挫折してしまいそうなんですもん(^-^;


ここまでは本のとおりに進められましたが、
DSC05809.jpg

最後の花びら止めの作業については、小さいゆえに
本と同じようには作業できませんでした。


でも、無事完成♪
DSC05812.jpg

ちょっと小さすぎたかな・・


前回作った「透かし模様の浅い小皿」と一緒にパチリ(^^)
DSC05863.jpg


さて!

次は本番の「籐」で制作します(^^)/

DSC05851.jpg





籐でつくる小物とバッグ(ミニチュアんサイズ)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT