クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'03.31 (Fri)

リボン刺繍ワンピキット~ベッチーサイズ


今回はベッチーさんサイズのリボン刺繍ワンピです(^^)

我が家に2体いるベッチーさんですが、1人はハゲちゃんなのです(^-^;

そのハゲちゃんのウィッグを紛失していまい

今日はさみしく一人で撮影(^-^;
DSC00913.jpg
こちらは、ネイビーブルーのワンピに黄色い向日葵の刺繍です。


パジャマキットの時もそうでしたが、

ベッチーサイズはネオブライスにも着させられます。
DSC00908.jpg

ベッチーサイズを作るときは、
ネオブライスより身丈を短く作ることになります。

ただ、身幅についてはほんの少し狭くするだけなので、
ネオブライスにもほとんど着させることができるのです。


膝上のミニスカートになりますが、
ペチコートの丈も違和感がありません。
DSC00910.jpg


となると・・リカちゃんも大丈夫(^^)
DSC00917.jpg

リカボディはエクセレントボディよりも膝が少し高い位置にあるので、
「ひざ丈ワンピ」という感じになります。


momokoさんが着ているのもベッチーサイズです。
DSC00924.jpg

こちらはマスステッチのみで、お花の刺繍はしていません。
DSC00925.jpg

いろいろアレンジを楽しめるよう、
マスステッチだけのワンピキットも作りました。

アップリケを付けたり、ビーズを縫い付けたり・・

普通の刺繍糸でのステッチを楽しんだり・・・

オリジナルワンピを作ってみてくださいね♪


momokoさんがベッチーサイズを着る場合、

ウエストの高さの関係で、ペチコートの丈が全然合いません。


なので、こんな感じでウエストを折り曲げています。
DSC00945_201703310408249d9.jpg

学生時代の制服のスカートを思い出します(^-^;


ジェニーさんも同様にして着用しています。
DSC00939.jpg


プーリップも♪
DSC00934_201703310408215d4.jpg


以上、ベッチーサイズのご紹介でしたー(^^)/


リボン刺繍ワンピキット  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.30 (Thu)

リボン刺繍ワンピキット~ネオブライスサイズ


既に何度かご紹介していますが、

ネオブライスサイズのリボン刺繍ワンピです。
DSC00853.jpg

いつもおんなじ撮影ブース・・・

いつもおんなじ観賞植物・・・

ほとんど変わらないモデルさんたちで失礼します(^^ゞ

しかも、写真が少しぼけていてすみませんm(__)m


左のカシオペアさんがネイビーブルーのワンピに
基本の赤いお花の刺繍です。
DSC00858.jpg
モニマニさんはモカブラウンのワンピにピンクの薔薇です♪


今回使った生地は麻混の薄手生地。

パジャマキットや着物キットの100%綿よりも薄く、
目が詰まっているので手縫いがしやすいと思います(^^)


ネオブライスが着られるということは・・

リカちゃんもOKです。
DSC00877.jpg

右のリカちゃんが着ているのは、
ナチュラルワンピに黄色い向日葵の刺繍です。

ウエストの切り替えラインがエクセボディと微妙に異なるので、
ペチコートを履かせる際に微調整が必要です。


momokoさんには可愛らしすぎるかな~
なんて思いましたが、
DSC00861.jpg

私としましては、結構お気に入りです(^^ゞ


やはり、ウエストのラインが異なるので
ペチコートを整える必要がありますが、

ブーツでもサンダルでもスッキリ着こなしてくれました。
DSC00866.jpg


最後に久々プーリップ。
DSC00893.jpg

細身のプーリップにはちょっと大きめですが、

似合ってるのではないかと思っています!


なんだか今日のプーリップさん、いつもよりカワイイかも!

(*^^*)


あ、ジェニーさんの着用写真を撮るの・・忘れてしまった(+_+)

 * * *

SHOPのご用意ができましたら、メルマガにてお知らせします。

よろしくお願いします。


メルマガ登録・解除
passatempo++通信
  
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ


リボン刺繍ワンピキット  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.29 (Wed)

銀のエンゼルは5枚集める前に失くしちゃうんだよね~(^^ゞ


久しぶりに買ったチョコボール。


銀のエンゼルが出て、ちょっと嬉しい(*^^*)

DSC00808.jpg

でもね・・

何年か前に出た銀のエンゼルは

もうどこにあるかわかりません。


たぶん今回の銀のエンゼルも、

次に出る前に失くしちゃうと思います。


だから・・


何としてでも金のエンゼルを当てたいのだ!!


(*^^*)


2017年  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.28 (Tue)

ドールサイズの袖まんじゅうは火傷対策でこの長さになりました。


「キット化はできないかも・・」と、

先日言いましたが、


やっぱりなんとか作りたい!と思い、

今日も1日まんじゅう(万十)作りの練習をしていました。
DSC00810.jpg


「まんじゅう」といってもこちらの形はミニアイロン台ですね(^^;
DSC00813.jpg

ちなみにこちらが人間サイズのまんじゅうです。

※ご注意!画像をクリックすると楽天が開きます。


しかし・・人間サイズをそのまま縮小すると・・・

小さすぎて火傷しちゃうんです(>_<)


だって・・、使うアイロンは人間サイズなんですもの(^-^;


こちらの細い棒は「袖まんじゅう」のつもりです。
DSC00812.jpg

こちらが人間サイズ。

※ご注意!画像をクリックすると楽天が開きます。


人間サイズに比べると、かなり長く作っています。

この長さがないと・・やはり火傷します。

私は実際に火傷しました(>_<)


そんなわけで、実際のまんじゅうとは全く形が異なりますが、

こちらではこの形を「まんじゅう」と呼ばせていただきます(^^)

 * * *

ここのカーブの釣り込み作業があまり綺麗にできず、
DSC00791.jpg

現時点では、まだ納得がいっていないんです。
DSC00790.jpg
※写真だときれいに見えますが、生地が少しシワシワしています。

自分が納得いかないものをみなさんに作っていただくのは
どうかとも思ったのですが・・

実際にまんじゅうとして使う分には問題はなく、
やはりあると便利なので、
このままキット化しちゃうかもしれません。

ご理解いただければ・・と思っております。

DSC00804.jpg

m(__)m



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.27 (Mon)

リボン刺繍ワンピキット(手縫い)~完成までの手順など


今回も長文です。

そして、画像も大量です。

m(__)m

 * * *

この時ふっと思い立って作り出したワンピ。
(あ、ちょうど2か月前だ*^^*)

まさか、15年も前に作ったワンピを
また作ることになるなんて・・・

なんて進歩がないのでしょうか(^^;


いやいや、そんなことはないのです!!

袖の形やステッチやペチコートなど・・・
細かいところでちょこちょこ進化しております(^^ゞ
DSC09878.jpg


一番の進化は、やはりリボン刺繍。

次回キットのメインイベントです(^^)/

15年前はこのようなアップリケを使って
簡単に仕上げておりましたが、
DSC00761.jpg

やはり自分で刺繍を施すことで愛着倍増します(*^^*)


私は手芸が大好きで、もちろん刺繍もするのですが、

刺繍が1番好きか?といったらそういうわけでもなく・・


5年前に始めたクチュリエの刺繍レッスンも、

2回目の途中で飽きてるし・・(^^;

サテンステッチなんかはいまだに苦手です(-_-;)


そんな私が、まさかこんなに刺繍にハマるなんて!!


サンプルとはいえ、こんなに作っちゃいました(^^)/
DSC00780.jpg

幅のあるリボンでの刺繍は、短時間で形になるから
それが私の性格にピタッとハマったのかもしれません。


メインの刺繍作業に早く到達するため、
土台となるワンピの作業は極力シンプルにしました(^^ゞ


ではでは、前置きが長くなりましたが
早速リボン刺繍ワンピの手順をご紹介します。


一番小さく大変だと思われるミディサイズで
解説していきます。

キット内容はこんな感じになると思いますが、
後日しっかり説明しますね。
DSC00588.jpg

※写真は「基本の赤いお花」キットです。


 * * *


まずはピケ処理♪
DSC00625.jpg

いままではカットしてからピケ処理をしていましたが、
今回からは先にピケ処理をします。
DSC00631.jpg

裾をほぐすペチコートはこんな感じで。
DSC00637_201703271953190d9.jpg

この時に「アイロン&ピケ処理台」を使うと便利♪
DSC00515_20170327201717af8.jpg
※市販のコルクシートで代用可。


アイロンをかけてそれぞれこのようにカットします。
DSC00645.jpg

左上の余った生地は捨てないでくださいね!

リボン刺繍の練習用図案がありますので(^^)


ここからはパジャマキットの手順とあまり変わりません。

身頃と身返しを中表にしてステッチ。
DSC00649.jpg
※こちらではわかりやすく赤糸で縫っていますが、
 実際は生地と近い色の糸で縫います。


カットして切込みを入れ・・・
DSC00652.jpg

ひっくり返してステッチします。
DSC00656.jpg

※パジャマキットでは往復してミシンで縫ったように
 ステッチをしましたが、今回は片道のみです。


袖は2本どりで細かーくぐし縫い。
DSC00660.jpg

袖が通る空間を残し、グッと絞ります。
DSC00662.jpg

ゴム通しはしないのでとっても簡単です。


中表で縫う脇は往復縫い。
DSC00667.jpg

マスステッチをしやすいようアイロンをかけ、
DSC00675.jpg

裾に片道ステッチ(なみ縫い)を施します。
DSC00676.jpg


ここから刺繍作業に入るので、まだ後ろは開いたままです。
DSC00678.jpg


ではでは、マスステッチ~♪

3本取りでタテからヨコへ・・・
DSC00689.jpg

ステッチの幅は目分量。
DSC00693.jpg

均等にならなくても気にしないのがコツです(^^)/

あえて幅にバラつきを持たせても可愛いかも♪

後に蝶々になるアリんこの刺繍も3本どりです。
DSC00696.jpg


さあ!いよいよメインのリボン刺繍です!!

先ほどとっておいたこちらの図案で練習しましょう。
DSC00643.jpg

※制作動画では練習も撮影しますが、ここでは省略。


早速本番。

葉っぱから♪
DSC00703.jpg

基本のレゼーデイジーステッチ。

裏はこんな感じになります。玉留めはしません。
DSC00704.jpg


お次はお花~
DSC00709.jpg

葉っぱと同じステッチです。

幅広リボンでの刺繍は本当にあっという間!

真ん中の芯をステッチしてお花は完成です。
DSC00712.jpg


裏は恐ろしいことになっていますが、
DSC00713.jpg

ドールへの着せ替えでほつれることの無いよう
互いのリボンにくぐらせて留めています。


蝶々はグラデーションのリボンで♪
DSC00717.jpg

私的にはお花よりもこちらのほうが難しいのです(^^;


これで完成~・・・と言いたいところなのですが、

後ろ綴じの作業をしなくてはいけません(^-^;
DSC00719.jpg

縫い代を倒します。
DSC00720.jpg

こういう時のアイロンがけには、先日ご紹介した
こちらのドールサイズのまんじゅうが便利です。
DSC00563_20170327200324e43.jpg

※クルクル巻いた厚手のフェルトなどでも代用可。


そういえば・・、以前momokoのマスク作りでご紹介した
「パッチワークコテ」も、細かなアイロンがけの際に
とても便利ではありますが、

2つもアイロンを出すのが面倒なので
今はほとんど使っていません(^-^;

すみません、ちょっと脱線しました。


身返しまでステッチされていた後ろ開き部分を
このようにつなげてステッチし・・
DSC00727.jpg

スナップボタンを取り付けて、
DSC00730.jpg

ワンピ本体はひとまず完成です。


残るはペチコート。
DSC00732.jpg

あと一息です。
とても簡単な作りなので、がんばりましょう!


ラインに沿ってアイロンで癖付けし、
DSC00736.jpg

中表で綴じます。
DSC00738.jpg

ここでもまんじゅうが便利です♪
DSC00739_201703272006534cc.jpg


ウエストゴムを挟みながらステッチします。
DSC00743.jpg

ドールの一番太い部分でゴムを絞り・・
DSC00746.jpg

少しブカブカ目にして結びます。
DSC00747.jpg

ペチコートの裾を爪でボサボサにして、完成!
DSC00751.jpg

長いようで意外とあっという間でした(^^)/


実際には、生地と同色でステッチした
トルソーに飾ったワンピが本当の完成形です。
DSC00752.jpg

ミディさんが着ているほうは水通ししていません、

トルソーのほうは水通ししているので、
少し縮んで引き締まっています。

水通しはしてもしなくてもOK♪お好みで(^^)

ちなみに私は水通しをしたほうが好みです。

制作動画では、水通しの作業も撮りますが、

濡れたままドールに着せて乾かすので、
抵抗のある方は行わないでくださいね。

※いまのところ、色写りの被害はありません。

 * * *

今回作ったリボン刺繍ワンピ。

サイズはパジャマキットと同様で、

・ネオ・ミディ・ベチの3サイズ作りました。
DSC00765_201703272009495a5.jpg

しかし、ほかのドールにも着せられるので、

そちらは後日ご紹介しますね。

DSC00773.jpg
あら?!一番右のミディサイズワンピ。
蝶々の羽の刺繍をし忘れてる(・・;) アリのまんまだぁ(^^;

あとで刺繍しておきますm(^^;)m


今回も長々とすみません。

読んでくださり本当にありがとうございます!


 * * *


3月を予定していたSHOPでの販売受付は

4月になってしまいそうです。

いつも予定通りにならずごめんなさい。


まだshopページは全くいじっていません。

4月初旬を目安にがんばりますので

なにとぞよろしくお願いします。


リボン刺繍ワンピキット  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.23 (Thu)

ドール服作りに便利なピケ処理&アイロン台を作りませんか?


長文ですm(^^)m

 * * *

リボン刺繍ワンピと並行して、
こんなものを作っていました(*^^*)
DSC00502.jpg

ドールサイズのお洋服を作る際に便利な、
ピケ処理&アイロン台です♪
DSC00500_20170323223659f98.jpg

ドール服作りをされる方なら、小型の卓上アイロン台を
お持ちの方も多いかと思います。


私も以前、市販のパッチワークボードというものを
購入したことがあります。

こちら。
DSC00509.jpg

現在は使っていません。


購入直後のこの時は、コンパクトになって便利!と、
折りたためるアイロン台にときめいていたのですが・・・、

使ってみると意外と不便なところがありました。


アイロン台を広げた時、
DSC00503.jpg

折りたたまる部分が溝になってしまい
そこを避けるようにしなければならないのです。
DSC00504_201703232235073d8.jpg

細かなパーツのアイロンがけなら折りたたんだままで
使えるので問題ないんですけどね(^^ゞ

そもそも、家でしか使うことがないので
折りたたまらないほうが便利だったのです(^^;


私が買ったものは、裏側にカッティングマットと
クルミの殻を使ったサンドペーパーが付いていたのですが、
DSC00511.jpg

普段机にカッティングマットを敷いたままの私にとっては
これまた不要なものであり・・全然使っていません。

サンドペーパーについては、いったい何に使うのだろう?
と思っていたくらいです(^^;

でも、これについては購入時から宝の持ち腐れになると
思っていたので、その通りになったって感じなのです(^^;


 * * *


そうなると・・・

私にとっての便利なアイロン台って
いったいどういうものなんだろう・・

市販のアイロン台を使うたびに考えるようになりました。


アイロンをかけるときに使うものといえば・・

ほつれ止めピケ。


そうだ!裏側はピケ処理台にしよう!!
DSC00512_2017032322352127a.jpg


ここ最近はピケ処理台としてコルクシートを敷いて
作業していたのですが、

3mm厚程度のシートなので、取り出す際に
ペラペラとして扱いずらかったんです。
DSC00513_20170323223523a78.jpg

このコルクをアイロン台の裏に貼ればいいんじゃない?!


早速貼ってみると・・・
DSC00515_20170323224049e6c.jpg

思った通りとっても便利になりました(*^^*)


アイロンとピケはセットで使うことがほとんどなのだから、
これなら裏側も有効活用できて便利だーー!と

意気揚々と製作開始しました。


使用しているコルクシートは適度な弾力があり、
ピケのノズルをあてがいやすく
DSC00523.jpg

とても綺麗に・・そして素早く塗ることができるのです。

余分に塗ったピケを吸ってくれるのもコルクならでは!

はみ出しの失敗が少なくなった要因かもしれません。

※今までのキット制作動画では、生地をカットしてから
 ピケ処理をしていましたが、 
 今後はピケ処理台を使用するので、生地をカットする前に
 ピケ処理します。(市販のコルクシートでも代用可)


ただ、コルクだったら何でもよいというわけではなく・・

表面がザラザラしているコルクだと、ポロポロと生地に
粉塵がついてしまい、面倒なことになってしまいます。

コルクシートにもいろいろな種類があってビックリ!

100円ショップのものを含めて6種類試してみました。
DSC00517_201703232240501be.jpg

やはり、しっかり圧縮されている
表面が滑らか仕上げのコルクが使いやすかったです。

近所の100円ショップでは見つけることができず、
現在は住宅建材メーカーのコルクを使っています。


 * * *


お気に入りの生地で作ったアイロン台だと、
制作意欲も湧いてきます(*^^*)
DSC00496.jpg

ただ・・生地選びにはかなり悩みました(+_+)

本当はもっとシンプルな生地でも作りたかったんです。


しかし・・ドール服ってアイロンを使う際に
ピケやボンドなどの糊剤を多用するから、

意外と早く汚れてしまうんですよね・・

市販のパッチワークボードも、結構早い段階で
汚れが目立つようになってきました。
DSC00505.jpg

折り目部分の生地と比べると、焦げ付いているのが
はっきりと分かります。
DSC00506.jpg

なので、汚れが目立たない柄物がおすすめなのです。


とはいえ、使えば使うほど汚れてしまうことは避けられません。

同時にピケ処理台のコルクも汚れます。

そのときはコルクをベリッとはがして、生地を張り替えます。

安価なコルクだからこそです(^^)


 * * *


ちなみに内側はMDFボードに厚手のフェルトを貼り、
さらにハードな接着芯を貼っています。
DSC00543.jpg

耐熱は万全です。

※コルクも住宅建材メーカーが扱っている、「4VOC基準適合」の
 安全なものを使用していますが、
 コルクのほうでアイロンをかけるのは禁止とします。


グッと力を入れて押し当てても沈み込むことはありません。
DSC00536.jpg

表面に適度な硬さがでるので、待ち針の刺さり具合や落ち着きが良く、
扱いやすいと思います。
DSC00546.jpg

生地もコルクもカット済みなので、
作るのはとっても簡単です。
DSC00535_20170323224053f14.jpg


よほどひどい扱いをしない限り
内部が破損してしまうことはないと思うので、

汚れたら生地とコルクを張り替えて、
何度でも繰り返し使うことができます。

後々、生地とコルクのみの販売もしようと思っています。


 * * *


ご紹介したピケ処理&アイロン台・・・

もう一つ、別の使い方があります(*^^*)


きれいな状態のアイロン台であれば、
完成したドール服をピンで留めたりして

ちょっとした撮影ボードとして使うこともできます。
DSC00555.jpg

もちろんピケ処理台のコルクのほうも♪
DSC00557.jpg

作業中の写真を撮る際にも
結構使えるのではないかと思います(^^)


 * * *


最後になりますが・・

さらにこんなものも作っています。
DSC00563_20170323225051852.jpg

こちらはまだ仕上げが不十分な箇所があり、
キット化できるかはわかりません(>_<)
キット化することになりました!

細かな箇所のアイロンがけに便利なんですけどね・・
DSC00565_201703232250523ae.jpg


1か月半前のこの時には完成が見えていたのですが、
小さいゆえにまだまだ詰めが甘かったようです。

いつかきっと・・・


長文お読みいただきありがとうございました!


ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.21 (Tue)

リトルロッジ♪ラスト、4個目。


昨日は浅草でドールショウだったんですね!

実は私も昨日、浅草にいたのですが・・
ドールショウが行われていることは全く知らず・・

呑気に雷門前で記念撮影しておりました(^-^;

まあ・・知っていたとしても、喪服を着ていたので
行かなかったと思います(^^;


 * * *


3個目をご紹介してからすっかり忘れておりましたが、

ふと思い出したので、最後の4個目をご紹介です(^^)


リトルロッジ1個目はこちら
2個目はこちら
3個目はこちらです。


3個目のポップな雰囲気からがらりと変わり、

4個目は飲茶をイメージした落ち着いた感じに挑戦です♪


壁のデザインをどうしようか・・
DSC05558_20170321235157ca0.jpg

こっちのほうがいいかな?
DSC05562.jpg


な~んて、悩んだりしていたみたいです。


結局こうなりました(*^^*)
DSC05570.jpg


ドールを置くとこんな感じ。
DSC05573_201703212352017cd.jpg


ライトが気に入らず、のデザインを変更。
DSC05589.jpg


小物はリーメントのものを使っています。
DSC05592.jpg


上からの撮影もなかなかです。
DSC05591.jpg


自画自賛、失礼しましたー(^^;


以上、最後のリトルロッジのご紹介でした。



プチブライスサイズのリトルロッジ。

とても小さな空間で、やれないことも沢山あったけど


制限があるからこそ、


色々悩んで・・考えて・・工夫して・・

とっても楽しいものづくりでした。


またやりたいな~(*^^*)


リトルロッジのリメイク  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.20 (Mon)

リボン刺繍~紫陽花から向日葵に変更(^-^;


折角この時、紫陽花に似合うカタツムリの刺繍を
がんばって考えたのですが・・・

やはり、紫陽花の細かな刺繍が難しく、
今回はあきらめることにしました。


ネオサイズではそれほど難しくないのですが・・
ミディサイズでの刺繍がなかなかうまくいかないのです。
DSC00447.jpg

もっと簡単な紫陽花の刺繍を思いついたら、
そのときはがんばってみたいと思います。


でもって・・・紫陽花を却下したので、

代わりに、向日葵を採用しました♪
DSC00445.jpg

こちらも細かいことには変わらないのですが、

なんとかミディサイズも作れそうです(^^)
DSC00448.jpg

紫陽花より向日葵のほうが、
着させられる期間も少し長いしね♪


リボン刺繍  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.17 (Fri)

イヤマフ完成報告~久しぶりに集中(^^)/


猫好きな私。


100円ショップにて・・・

「可愛いニャンコの付箋だ~♪」と即購入しました。
DSC00001.jpg


ところが・・・

いざ使おうと思ったら・・、

ワンコの付箋でした(^^;
DSC00004.jpg

可愛いからOKとします(^^ゞ


 * * *


それはさておき・・

今日はイヤマフキットの完成報告です!

3日で発送SHOPをご利用くださったまぁさんより♪


リカちゃん着用の可愛い写真が届きました!!
image1_20170317033637974.jpg

やっぱりリカちゃんって可愛いな・・←いまさら(^-^;


ブライス用とはサイズが大きく異なり、
リカちゃんサイズはとっても小さいです。

あまりに小さく、制作動画を何度も見返して
作ってくださったとのこと・・・


>久しぶりに 集中しました(//∇//)

と、メッセージをいただきました。


おそらく私も、ブライスサイズを作るときよりも
小さいサイズのイヤマフを作る時のほうが
集中しているかもしれません。

完成した時の満足感は、小さければ小さいほど
大きくなるような気がします(#^^#)


そろそろイヤマフの季節は終わってしまいますが、
ぜひぜひ来シーズンも使っていただけると嬉しいです。


まぁさん!お忙しい中キット作りをしてくださり、
本当にありがとうございました!!


最後にもう1枚。
image2_201703170336398e3.jpg


やっぱりカワイイ(#^^#)

リカちゃんも♪ イヤマフも♪


イヤーマフキット  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.16 (Thu)

蝶々の図案からカタツムリを刺繍


少し前にこちらでもご紹介しましたが、

これが蝶々の図案です。
DSC00427.jpg

アリではありません(^^;


紫陽花に蝶々は似合わないということで

なんとかカタツムリを刺繍できないかと
1日考えてみました。


蝶々の図案のみで作るのは難しく・・・

色々考えた末、お花の図案と同様、こんなかんじに
線を付け足すという感じにしてみました。
DSC00417_2017031616504767e.jpg

ちょっと見づくなるかもしれないのですが、

そこは制作動画でしっかりと説明したいと思います(^^)


この図案で完成したのがこちら。
DSC00420.jpg

まあ・・、なんとかカタツムリになったと思います(^^ゞ

殻の部分はスパイダーウェブローズステッチです。

そう!・・バラを作るときと同じステッチなの(*^^)

リボンの色で印象が変わるのがとても楽しいです♪


このカタツムリは8個目にして成功しました(^^;
DSC00415.jpg


でもやっぱり、蝶々のほうが可愛いな~
DSC09547.jpg

(^-^;


リボン刺繍  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT