FC2ブログ
クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

11月≪ 2019年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018'06.11 (Mon)

デッキチェアキットの制作手順を写真で詳しくご紹介します。


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

インスタグラム passa_passatempo

 
 * * *


デッキチェアの詳細についての記事はこちら

キット内容の記事はこちらです。

使用する道具の記事はこちらです。

 * * *


こちらでは、デッキチェアキットの制作手順を詳しく説明します。
※画像多めです

※1人掛けのキットを使用します。

実際に作る際には制作動画をご覧になってください。
※制作動画は2人掛けのキットで行います。

※自己流が多く含まれるため、一般的な作り方とは異なりますことをご了承ください。

 *  * *


●デッキチェア本体(木枠)を作る

ファインでとにかくひたすら木材をやすります。
(粉塵を吸い込まないようマスク着用。)
DSC07554.jpg

細かな部分はスポンジやすりを折り曲げて・・・
DSC07556.jpg

続けて丸棒も・・
DSC07558.jpg

木材に付着した粉塵をウェットティシューで取り除きます。
DSC07563.jpg


塗装1度目。
角材の側面から薄く塗装します。
※立てかける何かしらのものをご用意ください。
DSC07572.jpg

細かな部分は綿棒を使って。
DSC07576.jpg


手につかない程度に乾いたら広い面を塗装します。
※作業する季節によって乾燥時間は異なります。
DSC07594.jpg

DSC07598.jpg


次に、丸棒に爪楊枝を差し込みくるりと一回り薄塗します。
※穴が中心からずれていることがありますが、このくらいは許容範囲内ということでお願いしますm(__)m
DSC07603.jpg
※爪楊枝によっては入らない場合があります。詳しくは動画にて説明しています。
DSC07611.jpg


これで1度塗り終了。
※1度塗りを終えた時点で、ボトルに1/3~半分程度の塗料が残っていれば大丈夫です。
DSC07618.jpg


しっかり乾かします。
※この時の空き時間を利用して、シート部分の制作を行ってもいいと思います。


塗装二度目。
・・の前に、今度は先ほどよりも細めのスーパーファインで表面を軽くやって表面をなめらかにします。
DSC07625.jpg

木材に付着した粉塵をウェットティシューで取り除きます。
DSC07636.jpg

角材の側面から薄塗で。
DSC07641.jpg

手につかない程度に乾いたら広い面を塗装します。
DSC07644.jpg


続けて丸棒も2度目の塗装をして、しっかり乾かします。
※2度塗りすると大体このくらいの濃さになりますが、
 塗料が余っていれば3度塗りしてさらに濃くすることが可能です。
DSC07647.jpg


●組み立て作業

さら木ネジ16個を使って3つの木枠を作ります。
DSC07658.jpg

電動ドライバーは絶対に使わないでください。
DSC07661.jpg

歪みが生じていないか、平らなところに置いてチェックします。
DSC07674.jpg

さら小ネジ4組を使って木枠を組み立てます。
※ワッシャーをはめ込むのに少々コツがいります。
DSC07676.jpg

DSC07684.jpg

きちんと折り畳まるか確認します。
DSC07688.jpg

これで本体完成です(^^)/


●シート(生地)を作る

シートなどの生地を使った部分の制作をします。

ピケ処理して
DSC07695.jpg

アイロンをかけます。
DSC07698.jpg

線に沿って生地をカットします。
DSC07703.jpg

シートと枕生地裏にペンで目印を引きます。
DSC07707.jpg

両面テープを使って制作します。
DSC07710.jpg

ポケットを作ります
DSC07720.jpg
※写真ではピンチを使用していますが、実際は使いません。

枕を作ります
DSC07742.jpg

シートにマジックテープを貼ります
DSC07727.jpg

完成です(^^)/
DSC07755.jpg

枕シートを付けたままで折り畳めます。
DSC07761_20180611014029c4f.jpg

枕シートは取り外しできます。
DSC07763.jpg

別売りのシートキットやお手持ちのお気に入りの生地などで、
季節やインテリアに合った好みのシートを作ってみるのも楽しいと思います。

 * * *

今回は1人掛けで作りましたが、
制作動画ではは2人掛けを作ります。

ぜひみなさまも作ってみて下さいね(^^)/

最後までご覧いただきありがとうございました。



デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.10 (Sun)

デッキチェアで使用する道具の説明です


passatempo++SHOP
ご注文・送金から24時間を過ぎてもこちらからの返信が届いていないと
いう場合は、お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

インスタグラム passa_passatempo

 
 * * *


デッキチェアの詳細についての記事はこちら
キット内容の記事はこちらです。


デッキチェアで使用する道具の説明です
DSCN0454.jpg


1、滑り止め付き手袋※100円ショップで購入できます。
2、生地をカットするハサミ※切れ味の良いもの
3、粘着テープをカットするハサミ
4、目盛り付きのカッティングマット※A3サイズが便利です
20、立てかける何かしらのもの※木材の塗装の際、乾くまで立てかけておくものをご用意ください。
キット道具1~4・20


5、ほつれ止めピケ
6、爪楊枝8本
7、綿棒2本
8、お皿※パレットとして使います。コーティングされた陶器のお皿だと後処理が楽ちんです。
キット道具5~8


9、定規※布地に線を引きます。
10、細ペン※濃い色の生地の場合は、エンジェリックカラーをご用意ください。passatempo++SHOPでは黄色を販売しています。
11、目打ち※100円ショップのものでOK。
12、ピンセット
13、ウェットティシュー
14、汚れてもいい紙※新聞紙は汚れるので不可。私はA4の紙を敷いていますが、ヤスリがけの際に粉塵がでるので、もっと大きなものが良いと思います。塗装の際にも敷いて使います。
キット道具9~14


15、布用強力両面テープ(10mm幅)※必ず布用の強力なものを使ってください。
16、プラスドライバー※私は写真にある手のひらに収まるグリップのものを使っていますが、100円ショップで購入できるドライバーセットでも大丈夫です。※電動は使用不可
17、マスク※ヤスリがけで発生する粉塵除けで使います。
キット道具15~17


18、アイロン台※ピケ処理作業ができるもだと尚良いです。
19、アイロン※普通サイズのものが良いです。
キット道具18・19


ブルーの文字のものについては、passatempo++SHOPで販売しています。


次は、制作手順を写真で詳しくご紹介します。



デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

16、ポケットを作って完成


16、ポケットを作って完成


製作おつかれさまでした!!


デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

15、生地(枕製作)


15、生地(枕製作)



デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

14、生地(枕ポッケシート製作)


14、生地(枕ポッケシート製作)
※ご注意!!
途中で虫(たぶんコバエ)を指で潰しています。
大変お見苦しくて申し訳ございませんm(__)m




デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

13、生地(シート製作)


13、生地(シート製作)
※ご注意!!
途中で虫(たぶんコバエ)が私の手に止まります。
お見苦しくて申し訳ございませんm(__)m




デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

12、生地(ピケ処理とカット)


12、生地(ピケ処理とカット)



デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

11、木枠を組み立てる


11、木枠を組み立てる



デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

10、木枠を作る


10、木枠を作る




デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑

2018'06.08 (Fri)

9、組立作業の準備


9、組立作業の準備



デッキチェアキット  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT