クリスタルレジン ビーズ ブライスブーツ 手作り キット      現在の閲覧者数 :

All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'04.17 (Mon)

集計の結果、モノクロアニマルズが人気ナンバーワンでした!


先日のショップで販売した新作のアイロン台キット。


集計の結果、モノクロアニマルズが
人気ナンバーワンとなりました(^^)
DSC01262_201704172333281ea.jpg


初回販売では赤ずきんちゃん新聞がトップでしたが、
DSC01249_20170417233326195.jpg

再販でモノクロアニマルズに抜かれました!


私の予想では、パンダちゃんと赤ずきんちゃんの
どちらかが1位だと思っていましたが、

まさかのモノクロアニマルズ!

生地のご用意がギリギリで焦ってしまいました(^^;)


私のお気に入りのパンダちゃんは3番人気。
DSC01241_20170417233330f22.jpg

そして、カラフルキノコが4位でした(^^)
DSC01268.jpg


でもって・・・

心配していたこけしちゃんはというと・・・
DSC01257.jpg


ご注文ゼロでした(>_<;)
アイロン台集計表

全てのご注文のうち、約7割の方がアイロン台キットを
ご注文くださいましたが、

こけしちゃんはどなたにも選ばれませんでした(^^;


でも、いいんです。

アイロン台キットはこの先も販売を続ける予定なので、

いつの日か誰かが気に入ってくれるはず♪

(^^ゞ



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.14 (Fri)

アイロン台の一番人気は・・・赤ずきんちゃん新聞かな?!いや・・・


11日、13日昼夜共に、ご来店いただき
誠にありがとうございました。

14日現在、ご注文いただいたすべての方に
正式なご注文確認のメールを送信いたしました。

まだ届いていないという方がおられましたら、
お手数ですがご連絡くださいますようお願いします。

 * * * * *

集計作業はまだなのですが、

ざっと確認したところ、

アイロン台キットの一番人気は・・・

赤ずきんちゃん新聞かと思われました。
DSC01249.jpg

しかし・・・

昨日の再販にて、

モノクロアニマルズがかなり迫ってきています。
DSC01262.jpg


土日でじっくり集計作業を行いますが、

どちらが一番人気になるのか・・・、今から楽しみです(^^)


あれ?

可愛いーーと思って採用した、抹茶にこけしとけん玉ちゃん。
DSC01260.jpg

ご注文が見当たらないぞ・・・

うそだーー

そんなはずはないよねーー!

きっと見落としているだけ!

・・・であってほしい(・・;)


ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.04 (Tue)

万十セットキット制作動画


万十セットキット制作動画

万十セットキット~使用する道具とキット内容



1、万十セットキット(仕上げ万)~生地を貼り付ける1



2、万十セットキット(仕上げ万)~生地を貼り付ける2



3、万十セットキット(仕上げ万)~コルクを貼り付けて完成



4、万十セットキット(袖万)~フェルトを貼り付ける4



5、万十セットキット(袖万)~生地を巻きつける5



6、万十セットキット(袖万)~裏に生地を貼り付けて完成6



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.04 (Tue)

アイロン&ピケ処理ボードキット制作動画


アイロン&ピケ処理ボードキット制作動画


アイロン台キット~使用する道具とキット内容



1、アイロン台キット~生地を貼り付ける1



2、アイロン台キット~生地を貼り付ける2



3、アイロン台キット~コルクを貼り付けて完成



以上です(^^)/



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.04 (Tue)

ピケ処理ボードの使い方動画です


※本日3度目の更新です。

 * * *

アイロン台の裏側の「ピケ処理ボード」を使って

ピケ処理をしている動画を撮影しました。

9分近い動画ですが、ご覧いただければ幸いです。




SHOPのご用意ができましたら、メルマガにてお知らせします。
よろしくお願いします。


メルマガ登録・解除
passatempo++通信
  
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.04 (Tue)

制作手順とキット内容~万十セットキット


※本日2度目の更新です。

 * * *

「万十セット」

万十・・といっても小さなアイロン台と長い棒ですが、

ちょっとしたコツなどもありますので、
お届けまでに制作動画をご用意します。


その前に・・・

こちらも簡単な手順をご紹介しますね(^^)/

※アイロン&ピケ処理ボードキットの制作手順は
 こちらをご覧ください。


キット内容はこちらです。
DSC01045.jpg
仕上げ万十
・カット済み表生地(綿100%)
・土台(芯地はすでに接着済みです)
・カット済みコルクシート
袖万十
・カット済み表生地(綿100%)
・裏生地(綿100%)
・粘着式のフェルト
・土台(木製半丸棒)


使用する道具は以下の通りです。
・1cm幅の両面テープ(できれば強力タイプ)
・2cm幅の両面テープ(できれば強力タイプ)
・ピンセット
・目打ち
・カッター(コルクの角を落とすのに使用)
・粘着テープを切ってもよいハサミ
・目盛り付きカッターマット
・ヤットコ(釣り込み作業などで使用)
・生地をカットするハサミ
・木工用ボンド
・眉毛用ハサミ(先が曲がったタイプ)
※アイロン&ピケ処理ボードよりも使う道具が多いです。

※※※両面テープについてのご注意。※※※
 
強力タイプのご使用をおすすめしますが、
普通の両面テープでも作れることは確認済みです。

100円ショップで売っている強力タイプでも大丈夫ですが、
スポンジタイプなどの厚手のものは使用できません。

2cm幅がない場合、1cm幅で代用していただけますが、
少々手間がかかります。

私は主にジャスミンの「ダブルテープ」を使用していますが、
サンプルを作る際に、普通の両面テープでも試しています。

※古くなった両面テープは粘着が弱まっている可能が
 ありますので、ご使用にならないでください。


それでは・・・作ります(^^)/


仕上げ万から!
DSC01046.jpg

芯地接着済みの土台の裏側にこのように両面テープを貼り、
表生地に置きます。
DSC01101.jpg

カーブと角を印に合わせて・・
DSC01102.jpg

ピンセットで丁寧に生地を貼り付けます。
DSC01106.jpg

強めに引っ張るときはヤットコを使います。
DSC01110.jpg


カーブのつり込み作業でもヤットコを使います。
DSC01114.jpg

つり込みでできた余分な生地をカットします。
DSC01124.jpg

※この時まゆ毛用のカーブしたハサミを使うと便利です。


コルクの角を面取りし、
DSC01131.jpg

両面テープを張り巡らせ、
DSC01132.jpg

貼り合わせて
DSC01137.jpg

完成です!
DSC01139.jpg

伸縮性のない生地でのつり込み作業は難しいのですが、
DSC01141.jpg

かといって伸縮のある生地を使うと、
他の作業の時にとても扱いづらくなるんです(+_+)


それでは続けて・・

袖万十を作ります!
DSC01047.jpg

木材をフェルトの上に置き、
DSC01144.jpg

巻きつけます。
DSC01148.jpg

端にもフェルトを貼ります。
DSC01153.jpg

平らな面に1cm幅の両面テープを貼り、
DSC01157.jpg

表生地の中央に置いて巻きつけ
DSC01158.jpg

端をボンドで処理します。
DSC01162.jpg

裏側に貼る生地に両面テープを貼り、
DSC01163.jpg

余分をカットして
DSC01165.jpg

貼り付けます。
DSC01168.jpg


すみません!!

なぜに画像に×がしてあるかというと・・・


この画像を撮影した後、制作方法を少し変更しました。

大まかな作業の流れは同じなので、
参考にしていただけると思い載せましたが

実際には少し違う方法で制作します。

完成形はほぼ同じで、使う道具も変わりません。
DSC01171.jpg

もちろん制作動画は変更後の方法で撮ります。
DSC01178.jpg

ご安心くださいm(^^)m

ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.04 (Tue)

制作手順とキット内容~アイロン&ピケ処理ボードキット


「アイロン&ピケ処理ボード」

とても簡単に作ることができるキットなのですが、

ちょっとしたコツなどもありますので、
お届けまでに制作動画をご用意したいと思います。


その前に・・・

簡単な手順をご紹介しますね(^^)/

※万十セットキットの制作手順はこちらをご覧ください。


キット内容はこちらです。
DSC01051.jpg
・カット済み表生地(綿100%)
・土台(芯地接着済み)
・カット済みコルクシート


使用する道具は以下の通りです。
・2cm幅の両面テープ(できれば強力タイプのもの)
・ピンセット
・目打ち
・カッター(コルクの角を落とすのに使用)
・粘着テープを切ってもよいハサミ
・カッターマット

※※※両面テープについてのご注意。※※※
 
強力タイプのご使用をおすすめしますが、
普通の両面テープでも作れることは確認済みです。

100円ショップで売っている強力タイプでも大丈夫ですが、
スポンジタイプなどの厚手のものは使用できません。

2cm幅がない場合、1cm幅で代用していただけますが、
少々手間がかかります。

私は主にジャスミンの「ダブルテープ」を使用していますが、
サンプルを作る際に、普通の両面テープでも試しています。

※古くなった両面テープは粘着が弱まっている可能が
 ありますので、ご使用にならないでください。

よろしくお願いします。


 * * *


それでは・・・作ります(^^)/


芯地接着済みの土台の長いほうの裏側に
両面テープを貼り、表生地に置きます。
DSC01061.jpg

角を印に合わせて・・
DSC01063.jpg

ピンセットで丁寧に生地を貼り付けます。
DSC01071.jpg

土台の短いほうに両面テープを貼り、
DSC01075.jpg

土台全体を巻き込みます。
DSC01083_2017040419010357c.jpg


コルクの4つ角を面取りし、
DSC01086.jpg

両面テープを張り巡らせます。
DSC01089_201704041901063e9.jpg

土台にも両面テープを貼り
DSC01091.jpg

貼り合わせて
DSC01092.jpg

完成です!
DSC01093_20170404190302c5e.jpg

こちらでは多少端折っているところがありますが、
制作動画では最初から最後までご覧いただけます。

生地を土台に貼るときの、引っ張り加減が少々
難しく感じるかもしれませんが、

それさえクリアすれば本当にあっという間です。


完成後はドール服作りを楽しんでくださいね!
DSC01094.jpg


ちなみに私は、アイロンを使っていないとき・・・

100円ショップで購入したイーゼルに飾って収納しています(^^)/
DSC01180.jpg

※買ったのは100円ショップですが、価格は150円でした(^^ゞ


 * * *

ジャスミンのダブルテープ・・・楽天で見たら結構高かった(・・;)
こんなに高かったっけかな~(・・?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

強力 両面テープ ダブルテープ 20mm×20m
価格:702円(税込、送料別) (2017/4/4時点)



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'04.02 (Sun)

「アイロン&ピケ処理台キット」と「仕上げ万&袖万キット」


「まんじゅう」と、ひらがなで書くと、

食べ物のまんじゅうと間違えてしまいそうなので、

今後は「万十」と表記したいと思いますm(^^)m


 * * *


ドール服作りに欠かせない、小型のアイロン台。
DSC01033.jpg

さらに便利に使っていただけるよう、
ドール服用の万十セットも作りました。

アイロン&ピケ処理台のほうは、少し前に書いた
こちらの記事でかなり詳細にご紹介していますので

お手数ですがそちらをご覧になってくださいね(^^)
※大きさはA4サイズくらいです。

 * * *

今回は、万十セットを詳しくご紹介します。
DSC01034.jpg

ドール服作りではアイロンを使うことが多くあると思います。

私はもともと革で靴などの小物づくりをしていたので、
今みたいにアイロンを使うことはあまりありませんでした。


数年前からワンピキットを作るようになりましたが、

まだその頃は、身頃に革を使用していたため
アイロンが必要なのは、スカート部分だけだったんです。

そんなわけで、普通のアイロン台で事足りていました。


しかし、
昨年あたりから布地だけで作るお洋服キットを作りだしてから、
アイロンかけに不便を感じることが多くなってきたんです。

万十がなくても、細く丸めたフェルトや木製の丸棒などで
代用することもできるのですが、

いっそのこと、人間用みたく万十を作っちゃおう!

・・と、思ったわけなのであります(^^)


今の形になる前に、人間サイズに似せたこんな万十を
何個か作ってみたのですが・・・
DSC00997.jpg

割と大きめサイズのこちらでも、アイロンをかける際
DSC00998.jpg
手が近すぎて火傷しちゃうんです(^^;


「長さがないと危険なんだ・・」と分かったので

袖万も仕上げ万も長くして作りました。※15cmくらい
DSC00794.jpg

正直言いまして、それほど完璧なものではないのですが、

私はこれをフル活用しています(^^)


こんな時のアイロンがけや
DSC00739_201704022346177a5.jpg

こんな時のアイロンがけなどにはやはり便利。
DSC00996.jpg


洋服を作る際には、頻繁にアイロン台を使用するので、
ほとんど机に出しっぱなしで作業しています。


 * * *

ここでちょっとご注意です!!


万十を使用する際には、必ずアイロン台の上でお願いします。

このように万十のみで使用すると、アイロンの熱で
机や机に敷いたマット類が高温になり危険です。

DSC01035.jpg

どうかよろしくお願いします。


 * * *


お洋服作りで使用するのはもちろんですが・・

保管が悪くシワにしてしまったお洋服のアイロンがけにも
使っています(^^;
DSC01001.jpg


狭い袖口には使えないこともありますが、

こちらのミディサイズの袖にはギリギリ入りました。
DSC01007.jpg

パンツ類ならミディサイズでもほとんど入ると思います。


ではでは・・・

私の保管が悪くしわくちゃになったこちらのシャツに
アイロンをかけてみたいと思います!
DSC01008.jpg
※ネオブライス(ラブミッション)のデフォルトシャツです。

それにしてもひどすぎますね(-_-;)


比較的広めの身頃部分なんかは、普通のアイロン台でも
大丈夫かとは思うのですが、
DSC01010.jpg

こうして少し段差があるだけで、袖を巻き込みにくくなり
サッとアイロンがけができます。
DSC01012.jpg

こんな感じで万十にかぶせると、ピンポイントで
シワを取ることができます。
DSC01015.jpg

最もシワが気になる襟にも♪
DSC01022.jpg


残念ながら、カフス部分には袖万が入りませんでした。

が・・、袖のタック部分は綺麗にプレスできました(^^)/
DSC01023.jpg


ネクタイにもさらっとかけて・・
DSC01031.jpg


はい!できました。
DSC01025.jpg


もともと縫製に問題があり、少々歪んでおりますが・・
(・・と、人のせいにする^-^;)

シワが取れてスッキリしました。
DSC01030.jpg

袖のタックがきれいだと気持ちがいいです(^^)


 * * *


今回使ったのは「パンダがいっぱい」!
DSC01033.jpg

今日現在、私のお気に入りの生地です(#^^#)

次回はキット内容や生地の種類、制作手順などをご紹介します。


今回ご紹介した「万十セット」と「アイロン&ピケ処理台」は
どちらもキット販売となります。

両方お求めいただくと少しだけ割引になります。

SHOPのご用意ができましたら、メルマガにてお知らせします。

よろしくお願いします。


メルマガ登録・解除
passatempo++通信
  
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.28 (Tue)

ドールサイズの袖まんじゅうは火傷対策でこの長さになりました。


「キット化はできないかも・・」と、

先日言いましたが、


やっぱりなんとか作りたい!と思い、

今日も1日まんじゅう(万十)作りの練習をしていました。
DSC00810.jpg


「まんじゅう」といってもこちらの形はミニアイロン台ですね(^^;
DSC00813.jpg

ちなみにこちらが人間サイズのまんじゅうです。

※ご注意!画像をクリックすると楽天が開きます。


しかし・・人間サイズをそのまま縮小すると・・・

小さすぎて火傷しちゃうんです(>_<)


だって・・、使うアイロンは人間サイズなんですもの(^-^;


こちらの細い棒は「袖まんじゅう」のつもりです。
DSC00812.jpg

こちらが人間サイズ。

※ご注意!画像をクリックすると楽天が開きます。


人間サイズに比べると、かなり長く作っています。

この長さがないと・・やはり火傷します。

私は実際に火傷しました(>_<)


そんなわけで、実際のまんじゅうとは全く形が異なりますが、

こちらではこの形を「まんじゅう」と呼ばせていただきます(^^)

 * * *

ここのカーブの釣り込み作業があまり綺麗にできず、
DSC00791.jpg

現時点では、まだ納得がいっていないんです。
DSC00790.jpg
※写真だときれいに見えますが、生地が少しシワシワしています。

自分が納得いかないものをみなさんに作っていただくのは
どうかとも思ったのですが・・

実際にまんじゅうとして使う分には問題はなく、
やはりあると便利なので、
このままキット化しちゃうかもしれません。

ご理解いただければ・・と思っております。

DSC00804.jpg

m(__)m



ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.23 (Thu)

ドール服作りに便利なピケ処理&アイロン台を作りませんか?


長文ですm(^^)m

 * * *

リボン刺繍ワンピと並行して、
こんなものを作っていました(*^^*)
DSC00502.jpg

ドールサイズのお洋服を作る際に便利な、
ピケ処理&アイロン台です♪
DSC00500_20170323223659f98.jpg

ドール服作りをされる方なら、小型の卓上アイロン台を
お持ちの方も多いかと思います。


私も以前、市販のパッチワークボードというものを
購入したことがあります。

こちら。
DSC00509.jpg

現在は使っていません。


購入直後のこの時は、コンパクトになって便利!と、
折りたためるアイロン台にときめいていたのですが・・・、

使ってみると意外と不便なところがありました。


アイロン台を広げた時、
DSC00503.jpg

折りたたまる部分が溝になってしまい
そこを避けるようにしなければならないのです。
DSC00504_201703232235073d8.jpg

細かなパーツのアイロンがけなら折りたたんだままで
使えるので問題ないんですけどね(^^ゞ

そもそも、家でしか使うことがないので
折りたたまらないほうが便利だったのです(^^;


私が買ったものは、裏側にカッティングマットと
クルミの殻を使ったサンドペーパーが付いていたのですが、
DSC00511.jpg

普段机にカッティングマットを敷いたままの私にとっては
これまた不要なものであり・・全然使っていません。

サンドペーパーについては、いったい何に使うのだろう?
と思っていたくらいです(^^;

でも、これについては購入時から宝の持ち腐れになると
思っていたので、その通りになったって感じなのです(^^;


 * * *


そうなると・・・

私にとっての便利なアイロン台って
いったいどういうものなんだろう・・

市販のアイロン台を使うたびに考えるようになりました。


アイロンをかけるときに使うものといえば・・

ほつれ止めピケ。


そうだ!裏側はピケ処理台にしよう!!
DSC00512_2017032322352127a.jpg


ここ最近はピケ処理台としてコルクシートを敷いて
作業していたのですが、

3mm厚程度のシートなので、取り出す際に
ペラペラとして扱いずらかったんです。
DSC00513_20170323223523a78.jpg

このコルクをアイロン台の裏に貼ればいいんじゃない?!


早速貼ってみると・・・
DSC00515_20170323224049e6c.jpg

思った通りとっても便利になりました(*^^*)


アイロンとピケはセットで使うことがほとんどなのだから、
これなら裏側も有効活用できて便利だーー!と

意気揚々と製作開始しました。


使用しているコルクシートは適度な弾力があり、
ピケのノズルをあてがいやすく
DSC00523.jpg

とても綺麗に・・そして素早く塗ることができるのです。

余分に塗ったピケを吸ってくれるのもコルクならでは!

はみ出しの失敗が少なくなった要因かもしれません。

※今までのキット制作動画では、生地をカットしてから
 ピケ処理をしていましたが、 
 今後はピケ処理台を使用するので、生地をカットする前に
 ピケ処理します。(市販のコルクシートでも代用可)


ただ、コルクだったら何でもよいというわけではなく・・

表面がザラザラしているコルクだと、ポロポロと生地に
粉塵がついてしまい、面倒なことになってしまいます。

コルクシートにもいろいろな種類があってビックリ!

100円ショップのものを含めて6種類試してみました。
DSC00517_201703232240501be.jpg

やはり、しっかり圧縮されている
表面が滑らか仕上げのコルクが使いやすかったです。

近所の100円ショップでは見つけることができず、
現在は住宅建材メーカーのコルクを使っています。


 * * *


お気に入りの生地で作ったアイロン台だと、
制作意欲も湧いてきます(*^^*)
DSC00496.jpg

ただ・・生地選びにはかなり悩みました(+_+)

本当はもっとシンプルな生地でも作りたかったんです。


しかし・・ドール服ってアイロンを使う際に
ピケやボンドなどの糊剤を多用するから、

意外と早く汚れてしまうんですよね・・

市販のパッチワークボードも、結構早い段階で
汚れが目立つようになってきました。
DSC00505.jpg

折り目部分の生地と比べると、焦げ付いているのが
はっきりと分かります。
DSC00506.jpg

なので、汚れが目立たない柄物がおすすめなのです。


とはいえ、使えば使うほど汚れてしまうことは避けられません。

同時にピケ処理台のコルクも汚れます。

そのときはコルクをベリッとはがして、生地を張り替えます。

安価なコルクだからこそです(^^)


 * * *


ちなみに内側はMDFボードに厚手のフェルトを貼り、
さらにハードな接着芯を貼っています。
DSC00543.jpg

耐熱は万全です。

※コルクも住宅建材メーカーが扱っている、「4VOC基準適合」の
 安全なものを使用していますが、
 コルクのほうでアイロンをかけるのは禁止とします。


グッと力を入れて押し当てても沈み込むことはありません。
DSC00536.jpg

表面に適度な硬さがでるので、待ち針の刺さり具合や落ち着きが良く、
扱いやすいと思います。
DSC00546.jpg

生地もコルクもカット済みなので、
作るのはとっても簡単です。
DSC00535_20170323224053f14.jpg


よほどひどい扱いをしない限り
内部が破損してしまうことはないと思うので、

汚れたら生地とコルクを張り替えて、
何度でも繰り返し使うことができます。

後々、生地とコルクのみの販売もしようと思っています。


 * * *


ご紹介したピケ処理&アイロン台・・・

もう一つ、別の使い方があります(*^^*)


きれいな状態のアイロン台であれば、
完成したドール服をピンで留めたりして

ちょっとした撮影ボードとして使うこともできます。
DSC00555.jpg

もちろんピケ処理台のコルクのほうも♪
DSC00557.jpg

作業中の写真を撮る際にも
結構使えるのではないかと思います(^^)


 * * *


最後になりますが・・

さらにこんなものも作っています。
DSC00563_20170323225051852.jpg

こちらはまだ仕上げが不十分な箇所があり、
キット化できるかはわかりません(>_<)
キット化することになりました!

細かな箇所のアイロンがけに便利なんですけどね・・
DSC00565_201703232250523ae.jpg


1か月半前のこの時には完成が見えていたのですが、
小さいゆえにまだまだ詰めが甘かったようです。

いつかきっと・・・


長文お読みいただきありがとうございました!


ピケ処理&アイロン台  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |